信用取引の魅力を知る

信用取引とはどんなことだろう?

信用取引とは、口座に入っているお金や保有している現物株を担保に証券会社からお金を借りる方法になります。通常は口座に入っているお金の3倍、保有している現物株の評価額に0.8をかけた金額を3倍にした額を借り入れることができます。そのため、実際の資産よりも大きな金額で取引をすることができます。 上手に利用することで、大きく儲けるチャンスをつかむことができます。そして、自分の腕次第でどんどん資産を伸ばしていくことができるでしょう。信用取引を利用することで、金利を証券会社に支払う必要があります。金利などを考慮して、上手な使い方を想像することができると理想的なのではないでしょうか。チャンスをどんどん広げていくことができるでしょう。

信用取引のメリットとは?

信用取引のメリットは、一日に何度でも取引を重ねることができることになります。現物取引の場合、資産の上限を超えてしまうと差金決済となり、売買することが制限されてしまうことがあります。しかし、信用取引なら資産の上限に関係なく、何度も売買することができるのです。そのため、同じ銘柄を一日に何度も売買することができます。繰り返し売買することで、上がりそうなタイミングや下がりそうなタイミングなどのピンポイントで取引をすることができますよね。そして、保有時間を短くすることでリスクを抑えることつながるでしょう。 信用取引は使い方によっては強い味方となって活躍してくれることが、魅力になっているのではないでしょうか。

信用取引の金利とは、簡単に説明すると証券会社から現金や株券を借りてきて取引をするために支払うお金のことです。