信用取引のリスクを知る

専門家でも失敗はある

信用取引とは、自分の代わりに資金運用をしてもらうシステムのことを言います。そのため、資金運用のための専門知識と技術等は全く必要はなく、資金させ提供すれば後は専門家が全て取り組んでくれます。 専門家が資金運用するので、提供した資金に比例した利益を毎月もらえる可能性が高くなります。ですが、経済指標等は常に変動しているため、ちょっとしたキッカケで大きく変動をし、専門家でも大損することがあります。『信用取引は安心できる。』と安易に考えて、必要以上に資金を提供しないようにしましょう。資金を多く提供すれば、それだけ利益がもらえる可能性がありますが、同時に大損する可能性も高くなるため、リスクを回避するために、最低限の資金に留めておくことが大切です。

騙しの可能性を考える

信用取引を行っている会社は数多く存在するため、顧客を騙してお金を巻き上げている会社も存在します。契約した後、『資金が足りないから今すぐ振り込んでくれ。』という資金提供を要求してきます。この際、『この後、大きく利益を得られる可能性が高いから。』という理由で要求してくるので、注意しなければなりません。 まず、信用取引を始める場合は、騙されるリスクを考慮し、誰もが知っている会社を選ぶと良いでしょう。これは、多くの人に認知されているということで、騙す可能性が低いと言えるからです。次に、追加の資金提供はなるべく断るように決めておくと良いでしょう。資金を提供すればするほど、利益と損の額が大きくなってしまいます。損を最優先に考えることで、必要以上の資金提供はせず、リスクを回避するようにしましょう。断った際、しつこく要求した場合は速やかに解約することがオススメです。

信用取引とは、自分がもっている資金や株式などを担保を、信用してもらい資金以上に株式の投資を行うことです。