信用取引をする為に証券会社に口座を開設

現物取引の使いやすさよりも信用取引口座の開設のしやすさを重視

信用取引をするにあたって証券会社に口座を開設する場合、どのように進めていけばいいのでしょうか。まだ数ある証券会社の中から候補を選ぶことになりますが、信用取引が目的であるのであれば、信用取引口座の審査に通りやすいところを選ばないといけません。現物取引の手数料が安いからといって、信用取引の審査が厳しいのであれば、現物取引の口座しか開設できず、意味がないからです。 審査基準は複数あって、わりとどれも常識的な内容です。たとえば、「成人である」「いつでも連絡を取れるように携帯電話やメールアドレスを所持している」といったものがあります。ただ、問題なのはこの金額を入金していれば必ず審査に通るという基準は表に出ていないことがあるという点です。

金融取引経験と資金の組み合わせで審査の通りやすさが変わる

なので、まず現物取引ができる口座を開設して、100万円を入金し、そのあとで信用取引の審査に申し込んだときに通らないというケースも出てくるのです。金額は人によって異なる可能性があるのも、基準を複雑にしている要因でしょう。なぜ人によって要求される金額が違うことがあるのかというと、金融取引の経験に差があるからです。 証券会社としては、無用なトラブルを避けるために経験豊富で金融取引というものをよく理解している人にだけ、信用取引を行ってほしいと考えています。というのは、信用取引は場合によっては口座のお金がマイナスになるという事態を引き起こすからなんですね。 そのため、経験がある人はまり口座に入金していなくても審査に通りやすく、反対に経験が少ない人は資金が豊富でも審査に落ちてしまうことがあるというわけです。

信用取引の手数料は、証券会社によって異なります。そのため、信用取引を行う際には利用している証券会社の手数料をしっかりと確認しておく必要があります。