まずは知りたい信用取引とは何

制度信用取引と一般信用取引

「信用取引」の特徴は、資金の3倍の金額で取引ができるというところと、「貸し株」を利用して「空売り」ができることです。 「信用取引」には「制度信用取引」と「一般信用取引」があり、それぞれ取引形態が異なっているので、先に把握しておく必要があります。「一般信用取引」というのは、ほとんどすべての銘柄を取引できるもので、「制度信用取引」というのは各取引所が選定した「制度信用銘柄」のみ取引が可能です。 「制度信用取引」で扱うことができる銘柄はさらに「制度信用取引」(お金だけ借りられる銘柄。「信用買い」ができ「空売り」が出来ない)と「貸借銘柄」(お金も株券もどちらも借りられる銘柄。「信用買い」も「空売り」も出来る)に分かれます。どちらも返済期限が6ヶ月と決まっていて、それまでには売買が完了していなければなりません。

信用取引のメリット・デメリット

「制度信用取引」では返済期限が6ヶ月ですが、「一般信用取引」では返済期限がありません。ですが、[貸し株」を利用すると日数分の出費が嵩むので気を付けましょう。メリット・デメリットについては、どちらで取引をするかにもよりますが、ここでは共通して言えることをご説明します。 メリットとしては、3倍の取引が可能なことから利益が3倍になることと、「空売り」を利用して株価が下がることを見込んで利益を得ることができることが挙げられます。どんなに不況が続いていても、この「空売り」をうまく利用すれば利益を得ることが可能となります。 デメリットとしては、資金の3倍の取引ができることから、損失も3倍になる恐れがあるということです。そのため、信用取引で多額の借金を抱えてしまう人も中にはいますので、しっかりと検証を繰り返し、取引をしていきましょう。